FACIAL

《敏感肌・乾燥肌》日焼け止めの選び方

2018.08.15
フェイシャル担当のいわたです。
髪質改善ヘアエステ、フェイシャルトレーニングについてはLINE@からご相談受付中。
いわたが返信します。
紫外線の気になる季節、、、
みなさま、勿論、日焼け止めは塗ってますよね?
今日は

敏感肌のための正しい日焼け止めの選び方

をご紹介します。
結論、普段使いであれば、

SPF値は20程度、PA値は++~+++がおすすめです。

SPF値、PA値は高ければいいってものではありません。
数値が高いほど、その分、肌の負担は大きくなります。
紫外線吸収剤配合のものも、乾燥の原因となりますので注意が必要です。
ここから、詳しい解説です。
まず、

SPF値とは、肌の炎症(サンバーン)を遅らせる数値です。

SPF1で約20分持つと言われています。
例えば、SPF20ものであれば、20分X20=400分=6時間40分、効果が持続します。
朝、通勤などで太陽を浴びる程度であれば、十分です。
PA値とは、

紫外線によるシミやシワになる(サンタン)影響を遅らせる数値です。

こちらも、肌の負担を考慮すると++~がベストです。
数値に目が行きがちですが、

肌の負担が少ない数値のものを、汗で流れたら塗り直す方が、日焼け対策としては有効です。

SPF値は20~30、PA値は++~のものを選択するのがいいでしょう。

そうはいっても、ドラッグストアへ出向くと、SPFが50のものが主流、、、
適正値の日焼け止めが中々見つかりません。
どーなってるんだ、、、
SPFが50以上の日焼け止めは、

紫外線吸収剤が入っていることが多い

ので、めちゃくちゃ肌の負担です。
肌の上で、何が起こってるかというと、

紫外線を吸収→紫外線を分解、化学反応→熱が発生→肌の水分を奪う→乾燥→肌トラブル

こんな状況です。
フェイシャルのお客様へアドバイスをお伝えしたところ、

日焼け止めを正しく選ぶようになってから、乾燥が改善されたとおっしゃっているお客様がいらっしゃいます。

何気なく選んでいるもので、何気なくお手入れしていると、日々の積み重ねで、お肌の悩みになっていることがあるかもしれません。
私は、フェイシャルやヘアで出会ったお客様には

正しい選択をし、正しいお手入れをし、綺麗に年齢を重ねていっていただきたい

との思いです。
知ってるようで知らない顔のこと、お肌のこと、これからも発信していきます。
フェイシャルトレーニングでは、お一人おひとりに合わせた正しいお手入れをお伝えしております。
gluck(グリュック)いわたさおりのフェイシャルトレーニングのInstagram。
フェイシャルトレーニングについてのご相談はLINE@から受付中。
いわたが返信します。